ひとつ傘寄り添い絡む腕に指 ちから込めしに胸泡立ちて


大きめのグラスに映る君の手は 躊躇い誘うグラス霞みて


何度でも何度も何度も繰り返す 拙き言葉耳心地よし


言葉にも残り香ありし詠む歌に 今宵は月をと淡く願いし

この記事へのコメント

さとし君
2009年05月09日 19:36
こんばんは~。おひさしぶりです。
この数日雨の多い日が続きましたね。
『。。胸泡立ちて』の歌詞は、他のお方からは見たこともありませんです。はじめてですね。
とても素敵です。オリジナルな、カロイさんのワールドですが。。僕も使ってしまいたくなりますね。いいでしょうか~?^^
カロイ
2009年05月10日 00:41
こんばんは、さとし君!お久しぶりです(^^)

今日は快晴!気持ちのよい一日でしたね。

「泡立ち」きっとあちこちで使われていることと思います(^^)私のオリジナルだなんてとんでもない(^^ゞ

さとし君も是非どうぞ!
一句、できそうですか?楽しみにしています。
さとし君
2009年05月13日 20:38
それでは、早速つかわせていただきますね。
1&2首に連歌『君との日 ビールのグラス
覗きみて 胸泡立ちる おのれの夜も』
デートを終え、一人マンションでの男の歌
です。
この男、満足だった愛の交換を回想してますね。(大変な汗(^_^;))
おもいきりっコメント!クリック。。(笑)どうぞ。。
カロイ
2009年05月13日 23:56
こんばんは!

回想しての歌ですか!
男の胸の内、わかるようでわからないことだらけですが・・・(^^ゞ
さて、相手の女性は今宵どんな思いだったのでしょう?(笑)

この記事へのトラックバック