名残り

照り返す夏の名残りの日ざしにも すまし顔の風秋の肌ざわり


夕暮れの風に夏の香残し吹く 振り返ることなくただただ歩く


唇に音符の名残り秘そませて 今日の余韻に微笑みし君

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック