いいものにはいい音が。~しわ猫日記

「いいものはいい音がしてるよね。」

身近なことなら、
美味しいおせんべいの音。
美味しいきゅうりをかじる音。
美味しいとまとも西瓜もりんごも。。。

好きなものに付いてるボタンをとめる音。
ほどよい紙の本のページをめくる音。
まな板と包丁の小気味よい音。

ちょっと前なら・・・レコードをのせた後にしばらく続く音なんてのも。

からりとした落ち葉を踏む音。
稲をわたる風の音。
降りしきる雪を踏みしめる音。
カンカンに凍った道を歩く音。
雪解け水の流れる音。


・・・
書き出したら、まだまだあります。。。

もちろん、大好きな楽器の音だったり、
大好きな人の声だったり、
くったくのない笑い声だったり。。。


「いいものはいい音がしてる。」

真夜中のテレビの中のコメント。
トランク型のバッグを開ける音が、ライカのカメラのシャッター音と同じなんだ、と嬉しそうに話す。
そのバッグを作ることが誇りなんでしょうね。
なんだか心に響く。その思い入れがよくわかる。


忘れていた気持ちを思い起こさせられました。
モノには「いいモノ」なりのいい音がある。

耳を澄ますと、そんな音がすぐそこで聞こえてるはず。
その音が。。。
小さなしあわせ、だったりするから、
いい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック