懐かしき思いは

ふるふると言葉の音を震わせて 伝えたきもの時に消えゆき


落ちてゆくその一言をすくおうと 手を差しのべたき夜もあるものを


遠き日に窓に映りし泣き顔も 今の涙とわずか違いて

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック