穏やかに眠る横顔猫の月 夜空に切れる優しき眼


夕暮れに一筆入れし白き月 ノの字寝転び何を思いし


ゆりかごに乗せる想いはゆらゆらと 迷うことなき星の瞬き

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック