月明かり

カーテンの隙間を超えて伝えしは 今宵満月愛でよひと時


寒々と月のあかりは射しており 我が心根に何ぞ問いたき


遥かより同じあかりを浴びし夜を 君は気づかず枕抱きしか

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック