思い出す


さくら散り色移ろいし頃にしる 強き声にて伝えし言の葉


音の波後ろに背負い戸口より 顔覗かせし屈託もなく


駅前のさらりと交わすさよならを 今に繋げし縁思い馳せ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック