ふたつめの月

皐月去り慈しみ日々も去りゆきて いまもくもくとお皿を洗う


君の身の果てる時まで傍らに 秘かに誓いし遠き甘き日


ふたつ目の月を見つけし時くれば 猫の如くに傍に寄り添い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック