あかとんぼ

半年の悲しきことの多かりき 時は重なりあかとんぼ飛ぶ



歓声の重なる空にあかとんぼ 静寂まといすぅ~と飛び行く



朝晩の涼しさ。
空の高さ。
空色の薄曇り。
あかとんぼ。
秋の真ん中までもう少し。

この記事へのコメント

さとし君
2011年10月03日 05:23
山田耕作の赤とんぼは、15で嫁にいった、子守の姉やからオンブされたときのあかとんぼでしょうか。。
カロイさんなりに、人の心情や暮らしをあかとんぼに投影されてます創作ですね。そうです、このくにの地方の半年があかとんぼからみえてきます。
カロイ
2011年10月04日 02:03
さとし君、こんばんは。
寒さが厳しくなってきましたね。
体調崩していませんか?

赤とんぼ、滅多に聞くこともなくなりましたが。
情景の浮かぶ、いい歌ですよね。

今年はいろんなところでいろいろな災害がありました。
それでも季節は確実に巡ります。
来年の春が明るいよう・・・。

この記事へのトラックバック