トランジスタ・ラジオ

BSプレミアム、
忌野清志郎 トランジスタ・ラジオ

高校生役の演技が気になりながらも・・・最後までしっかり観ちゃいました。
いろんなところでほろりほろり。

何年前でしょう・・・観た絵がいくつも。
もちろん、ほんとの絵を使っていたのでしょうね・・・。

何かを創作する人。
やっぱり好きです。
いつだって自分のやりたいこととやってほしいこととのギャップに悩まされながら。
望む結果と周囲の期待の狭間に揺れながら。
それでも前へ進む人たち。
有名であっても無名であっても、創る人にとっては、永遠のテーマなのかも。
芸術。
一人、理解してくれる人がいたら。

身に沁みる。
今の私にとっても。理解してきたつもりだったから・・。
誰よりも大切な人、で、お互いがあり続けたいと思っていたから。
それも独りよがりだったのかな・・・・・。


田辺誠一の先生役がよかったなぁ。
こんな先生がどこの学校にもいたら、どんなにいいか・・・なんてね。
もちろん、リリー・フランキーもよかった。

高校生の二人が、お互いの嘘を認め合い、
再び、
始めまして。と握手するところ、ベタな感じがするけれど
泣けちゃう。

手を繋ぐって、しあわせ。
だと思う(^^)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック