君だけに~~♪~~少年隊

随分古い歌・・・でしょうか^^;
実は秘かに大好きな歌です。

大人を何十年もやっていると、
そんな、唄みたいな恋愛なんて一時のものなんだって、
頭の真ん中ではわかっています。

わかっていてもなお、
わかっているからこそなお。
その時の「一時」の感情に縋りつきたくなる時がある。
その甘い感情の渦に巻き込まれたくなる時がある。
そのあたたかさに身を委ねたくなる時がある。

たしかにあの「時」、
二人は固い「心」で結ばれていたんだと。
揺るぎない感情の中にいたんだと。
愛しみ愛しまれ、なお愛しみ。


どんなふうに人は「道」を外れていってしまうのか。

それこそ、本人以外わからないこと。


たとえ今、どんな状況に置かれていようとも、
帰る場所は空けておく・・・から。


君だけに
ただ君だけに
ah めぐり逢うために
僕はさびしさとともに生まれたよ・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック