エリック・サティとその時代展

久しぶりのBunkamura ザ・ミュージアム。
エリック・サティ展。

地下鉄で初めてポスターを目にしてから、心惹かれつつ日々が流れ。
通勤電車で駅構内で、タキシードの紳士が私を呼んでいる!(笑)
絶対行かなくちゃ!と行けるチャンスを待つ・・・。

で、ようやく。
めちゃくちゃ暑かった週末に。

渋谷に着いて、まずは涼みがてら、渋谷西武で猫の図鑑の写真展へ。
ほ、ほしい・・・・、飼いたい・・・。
癒し系の猫もいいけれど、しなやかな猫もいいなぁ・・・。

ちょっと体が涼んだところで、坂道を上りだしました。
懐かしいミチ・・・何度通ったかなぁ・・・な通り。

ひとつひとつをじっくり観て回れる程度の人。
人と人が重なったら、もう一度戻って観直すのも楽にできる程度の混み具合。
エリック・サティの音楽が心地よく流れるなか、ゆっくりとした時間も流れていく・・・。

時代背景を感じながら観る・・・。
ピカソとこんなことしてたのか・・・マン・レイがこんなのを作ってくれていたのか・・・
なんてことに思いを馳せながら。
ちょうど今読んでいる本もピカソが出てくる・・・そういう時代!そっちとも重なって、より見応えがありました。
映像もいくつか観ることができて、ふぅ~~~んがいっぱい。

エリック・サティ・・・なかなかいい顔です!晩年はとくにいいなぁ(笑)
絵葉書一枚買っちゃいました(*^。^*)

せっかくだからCDも一枚・・・と思っていたのですが、さすがに時間がなくなって諦め。
地下だったせいか電波が入らず、後の連絡がバタバタで。出てみたら、もう待ち合わせの時間・・・(^_^;)

それにしても寒かった!注意書きにも上着をご持参くださいとありましたね。
冷え切った身体に外の熱風が嬉しかったくらい(^_^;)

駅までの道のりで、ようやくビールが美味しく感じられる程度に身体が回復しました!(笑)
で、美味しかった(*^^)v


舞台作品。
今なら一流として有名な、作曲家、画家、その他が関わって作っていく。
楽しかったでしょうね。

ということで、ここのところ舞台もいくつか観てます(^^)
また追々に。
ライムライト。
ソング ライターズ。
♪♪♪

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック