しょうたとりん

万引き家族を観てきました。

ほぼ泣きっぱなし(^^;

どの出演者もぐっとくる。
ほんの数分の出演でも、掴まれる。

メインである「家族」はもちろん!
おばあちゃん、おとうさん、おかあさん、こどもたち。


しょうたとりん。
しあわせになってほしいな、と心から願う。

しょうた。
大きくなって、ちゃんと生きて、
りんの近くにいてくれたらいいな、と願わずにいられない。
りん。
がんばって・・・海藻のようにゆらゆら揺れるようにがんばって、
しょうたの近くにいられるようになったらいいな、と願わずにいられない。

きっと、しょうたは「家族」を壊してでもりんを守りたかったはずだから。


気づいてないだけで、すぐ近くに・・・隣の隣のそのまた隣くらいにこの「家族」が静かに暮らしているかもしれない・・・。

最後に背伸びして見るりんが希望に思える・・・思いたい。


終わってみれば目が真っ赤。
私だけだったか?(^^;
誘われたら、もう一度観に行っちゃう(^^)


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック