「あの夏」

久しぶりにゆっくりと本屋さん。

ゆっくりとまわる。
素通りする棚もあるけれど(^^;



ふと目に留まった雑誌。
表紙に、
『私の「あの夏」の写真』



いろんな人の思い出の写真が載っている・・・。



『私』のあの夏の写真は・・・・。

今一番に浮かぶのは去年の真夏の写真。
そして子供の頃の古びた家と家族。


一年前。
一歩あるくたびに汗がどどっと出るような炎天下。
それでも熱中症がどうとか話題になってなかった程度だったのかな?


木陰の風が天使のように感じた(笑)
肌の灼ける音が聞こえていた・・・ような(笑)
そして・・・気持ちの弾けたような解放感(笑)


空の青と海の青。
なにも考えなくていい時間。

隣でがはがは笑っていた人が、
今もうろうろ隣にいる不思議。

穏やかばかりではなかった日々ではあるけれど、
それでももう少し続いてくれたら。
「私」だけでは続かない・・・。
あなたの「心」がどこに向かっているのかもうわからないけれど・・・。

もうすこしだけ。



画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック