しわ猫日記~浅田次郎…

10月に入った途端、手ががさがさ。
9月の半ばあたりから兆候はでてきて^^;
気温が高くても私の手はてき面に季節を伝える。

自転車で走り終えた手がかさかさ。
洗濯物を干し終えた手がかさかさ。
お風呂上がりの手はがさがさ。

秋は深まる。。。

手を繋ぐとわかっている日はハンドクリームをしっかりと。
ざらざらな手はなんだか淋しいから。。。ね。
でもべとべとな手もいやだから。ハンドクリームをぬるタイミングは大事!!

秋は続く。


浅田次郎が編んだアンソロジー「人恋しい雨の夜に」
のあとがきに。
読むことが好きだったので書くことも始めた。・・・
書くことを仕事にしてしまったために、読むことが不自由になったのである。
・・・なんとなく不幸を感ずる。

で、一日のうち六時間を執筆に、六時間を読書に、時間割を組んだそうです。
なんだか理想だなぁ・・・。
私もいい歳になったらそういう生活がしたいな。
あっ、執筆のところは違う科目で(#^.^#)

さまざまな小説を読み散らかしてきた結果が今の作品群、だそうです。

いまさらですが、いくつか読んでみよう・・・っと(^^)

"しわ猫日記~浅田次郎…" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント