なつく

ぺらぺらと雑誌をめくっていたら、ふと目にとまった言葉。

「なつく。」
子供がなつく。
飼っている生き物がなつく。
なつく。には純粋な依頼心がありますよね。
で、なつかれたほうにも純粋な喜びがあって。


さて、大人と大人には、なつく。ときってあるのでしょうか?
(笑)

あるよねぇ、

なつく。
なじむ。
なれる。

の順番でやってくるのかな?

大人の、なつく。時間はほんのわずかかもしれないけれど、
たしかにあるように思うのですが。
なつく。ことに、なつかれる。ことに恥ずかしさがあるから、でしょうか?対等な立場が崩れているから、でしょうか?
わずかな時間なのは。

馴染む時間の中には、なついている時間がひそんでいるのかな、とも思います。
それこそ、大人だからこそのひそみかた?(#^.^#)

馴染む。
好きな言葉です。
ふたつが境い目がなく溶けているような。
じぶんのことであると同時にあなたのことであること。
気持ちが穏やかに緩むとき。

なれる。
これは微妙。
いいときもあればわるいときもある。
でも避けて通れないところ。
なれることに慣れてしまえば、気も楽になるのかな。。。
それができないからかなしくなるのだろうけれど。


なつく。
責任のいらない愛情。
本能のままの気持ち。
損得を知らない感情。
???

そして懐かしい感情。
(*^。^*)

"なつく" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント