山田詠美サイン会

先週、某書店でのサイン会に行ってきました(*^。^*)

タイニーストーリーズ。
発売日をすっかり失念していた私。友人のブログを読んで、慌てて書店に電話。
運よくまだ整理券が残っていました!

当日、20分前には到着。
ちょっと早かったかな?と思っていたら、すでに数十人が並んでいました。
とりあえず、並ぶことに。50番目くらいかな^^;
高校生から白髪混じりの女性まで、幅広い年齢層の方々。女性九割男性一割くらいでしたね。
こんなときの人間観察、結構おもしろいです。
サイン会慣れしている人は、ブックカバーを外し、帯をととのえ、静かに待つ(^^)
たぶん、サインしやすいようにでしょう。
常連さんらしき人は、終わった後も周りで待ってました。
少しはお話できたのかな?
写真撮影禁止だったけれど、もしかしたら少しは時間をとってくれた?
私は時間もあって早々に退散。どうだったのか・・・心残り!

実際のサインしてもらっている時間はひとり1、2分。
目の前で、イラスト入りのサインを書いてもらい、ひと言ふた言話せたらいいかな?くらいの時間。
「Love+Peace」のメッセージも。
雑誌で見た生原稿の文字と同じ文字がつらなっていく・・・なぁんて、へんなところに感心したり^^;
で、なにを話したか?
内緒です(#^.^#)


並んでいる時に読めるようにと、配ってくれた冊子。
もちろん、山田詠美さんのインタビュー記事も掲載されていました。
短編と長編の思いの違い、などを数頁。
ただボーっとしているときに、一つの言葉とか核になるものを見つけた瞬間。
「やった!」と思う感覚、秘かな優越感。。。
うんうん、わかるわかる!などと、いっちょ前に一緒の気分になる(^^)

登れると分かっているちっちゃい山に登ってもしょうがないでしょう。
登れない山に登ろうとするのが作家だと思っているから。
・・・
自分を追い込むようにして、小説書きである自分を楽しませていくんだと思う。


これからの作品がますます楽しみです!


私の思っている以上に。穏やかな雰囲気の方でした(@^^)

で、タイニーストーリーズ。
あれもこれも!って感じです。
読んだ方なら、きっとわかる!?(^^)



ペン先の走る音だけ伝わりて 生れし文字の明日をたのしむ

"山田詠美サイン会" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント