奮闘中

「もうだめかもしれない」
から、
「だいじょうぶかもしれない」
から、
「もうだいじょうぶ」
まで。
なんて長い道のりなんだろう。

一度なくした信頼は思ったより深く、
泥靴で踏み荒らされた風景はそう簡単に元には戻らない。

意識のどこかで不安が渦巻いている。
些細な疑問が動揺を誘う。

縋ってみる「確かさ」にもあっさり断られ。
一人で闘うことを強いられる。

時間が解決してくれるのを待つしかない・・・のかな。
地球防衛軍もどき(笑)、来てくれないかな・・・。

小説の中の数行、歌の中の一言、新聞の見出し、
至る所に繋がる言葉がある。


ここが正念場。
(なんて大袈裟かな)
がんばれ!っと、
自分にエールを送ってみる。

そう。
ただいま大いに奮闘中。
誰に言うことでもなく。
言うことでもないけれど・・・ここにちらっと書いてみる(笑)

もうだいじょうぶ。
目指して、
おおいに奮闘中!



満ちていく月を眺めて夜を行きし 欠けゆく月に朝を待ちつつ



"奮闘中" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント